筋トレ=健康➕美容

・学生時代に比べて疲れやすくなった…

・肌のきめ細やかさや張りがなくなった

・なんだか、顔もおじさんみたい…

 

f:id:fm13078b409:20180912225622j:image

社会人になってから感じるようになりました。

特に体力の衰えは痛感しました。

 

・ちょっと走ると息が切れる

・季節の変わり目に体調を崩す

熱中症で倒れる

 

学生の頃はそんなことなかったのに…

 

上司は「20代で何を言ってるんだ笑」

 

と笑っていますが笑いごとじゃない…

 

本当に年齢だけが原因なのでしょうか?

 

 

数人の友人に相談してみると、

「それな笑」「そうでもない」

という2つの答えで別れました。

 

それぞれの生活習慣を聞いてみると、異なるのはやはり、「運動」でした。

f:id:fm13078b409:20180912225723j:image

筋トレは体つきを変えるだけでなく、

病気や美容にも効くんです!

 

筋トレ→筋肉量増加代謝UP

 

代謝が上がると、白血球などの免疫細胞にも作用し、細菌やウイルスにも強くなるんです!

 

筋トレ→成長ホルモン多く分泌。

 

成長ホルモンは筋肉を肥大させるだけでなく、疲労回復や肌の修復を助けます。

f:id:fm13078b409:20180912230027j:image

薬や栄養ドリンクを飲むより、美肌の化粧品を買うより、よっぽど健康的で、お財布にも優しいのです!

 

筋トレをサボりお金に頼ったところで、

おっさん化は加速するばかりです。

 

筋トレこそ一番のアンチエイジング

若々しい未来のために今からトレーニングを始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

実はデブは超有利

私って太りやすいんだよね…

 

よく女子同士の会話で耳にしますが、

男だって太りやすい人もいれば太りにくい人もいます。

f:id:fm13078b409:20180911141610j:image

筋トレをして細マッチョになる上で、

太りやすい人はデメリットになるかと思いきや

 

実はその逆なのです!

 

食べても太らない人や痩せ型の人は

ハードゲイナーと呼ばれ、消化器官があまり機能できておらず、筋肉も発達しづらいのです。

f:id:fm13078b409:20180911141441j:image

 

一方、普通に食べても太りやすい人は

イージーゲイナーと呼ばれ、消化器官がよく機能しており、栄養の吸収も速い為、

高スピードで筋肉も発達しやすいのです!

f:id:fm13078b409:20180911141159j:image

筋トレをした後にプロテインを飲んで吸収される効率は高く圧倒的に有利です。

 

今まで散々ネックだった体の特性は、

正しい食事と正しいトレーニングさえ行えば

非常にありがたい天性の才能なのです!

 

あなたに選ばれた選択肢は

 

このまま太りやすい体だと諦め、デブを加速させる。

 

or

 

栄養を吸収しやすい体の優位性を活かし正しい食事をとり、トレーニングに励み、誰もが羨む体を最短で手に入れる

 

こんな二択、選ぶまでもありませんね。

 

有利な体を活かしてガンガントレーニングに励み、ぐびぐびプロテインを飲みましょう!

 

 

 

 

デブは攻撃されやすい?

過去に太っていた人はバカにされたことがありませんか?

 

ひどい場合はいじめられていたり…

 

ヒトの中には本能的に自分よりも立場が弱い相手に攻撃をしかけるものもいます。

f:id:fm13078b409:20180910215810j:image

太っているとかスタイルが悪いという理由で

格下に見られてしまうのです。

 

社会人になってからも攻撃が続くこともあります。

f:id:fm13078b409:20180910220351j:image

・上司から何故か必要以上に叱られる

・同期から仲間はずれにされる

・後輩から失礼な態度を取られる

・取引先やお客様から理不尽な要求をされる

 

思い当たる節ありませんか?

 

僕は不良や酔っ払いに絡まれることもありました。

 

相手から格下に見られていたからでしょう…

 

あなたの体型も理由のひとつかもしれません。

 

見た目だけで格下に見られてはたまったものではありませんが、残酷なほど明らかです…

 

攻撃され続けているとメンタルが削られて

自分に自信が持てない消極的な性格になっていきます。

 

こうなったらもういい仕事はできません…

 

重要なプロジェクトからはずされ

いつまでも大して出世しないことでしょう…

 

筋トレはこういった悩みも解決します!

 

細マッチョになって自信がつくだけではありません。

 

筋トレをすることでテストステロンが分泌されます!

 

このテストステロン、

名前はもうご存知かもしれませんが

男性ホルモンの代表格で筋肉形成や骨格形成、男らしい顔つきになるなどの

イケメンホルモンなんです。

 

さらにはそれだけでなくテストステロンは

精神的にも作用することが知られています。

f:id:fm13078b409:20180910221558j:image

・闘争本能がみなぎり野心的になる。

・くじけない鋼のメンタル

・活力に満ち溢れやる気を保てる

 

筋トレがうつ病やストレス解消などに有効だと科学的にも証明されているのです。

 

見た目もイケメンになり、性格もポジティブにエネルギッシュなる筋トレはまるで魔法です。

 

男らしい顔つき、体つきでいつもポジティブ、そして野心的。

 

そんな人を攻撃したいとは思いませんね。

 

精神的な悩みがある人はまず、筋トレをしましょう!

 

 

ファッションの自由も奪われるデブ

学生時代着ていた服が着れない…

 

おそらくそんな経験していることでしょう。

 

学生時代にたくさん買った服も

着てみると肩も腹も太ももがパンパン

f:id:fm13078b409:20180817082724j:image

炸裂しそうな風船のよう。

 

女の子はファッションに敏感な生きもの。

 

男のファッションをチェックして品定めしています。

 

スリムでおしゃれに着こなしているメンズはモテます!

f:id:fm13078b409:20180816091012j:image

ぱつんぱつんの服を着ている男なんて

ダサいと思うのは当然でしょう。

 

さらにはデブなんて残念すぎです。

 

あなたはどうでしょうか?

 

せっかく買った服もタンスの肥やしか

メルカリで売却するハメになってませんか?

 

サイズの関係で好みでもない新しい服を

買うはめになるなんてもったいないです。

 

着たい服が似合うとも限りません…

 

あなたがモテるためのファッションを目指すなら、デブは選択肢が狭いです…

f:id:fm13078b409:20180817082700j:image

一方細マッチョはどうでしょうか?

 

どんな服を着ても似合います。

 

ボディラインの出やすいTシャツやスキニーパンツを着てもかっこいい。

f:id:fm13078b409:20180817080535j:image

これが現実です。

 

多少、顔やトークスキルに自信がなくても、

ファッションやボディラインで男はモテます。

 

現在の自分のファッションやサイズが体形にあっているのかチェックするのもいいでしょう!

 

好みのファッションをかっこよく着こなして

モテる。

 

筋トレして代謝を上げて痩せやすい体作りを目指しましょう!

 

 

ビーチを楽しめる人とそうでない人

ビーチでBBQやプールなど服を脱ぐ機会も

多くなります。

f:id:fm13078b409:20180808223019j:image

 

イベント参加者で

楽しんでいる人とそうでない人を

分けているのは

自分の体型に自信があるかないかです。

 

f:id:fm13078b409:20180808223741j:image

 

自分の実体験の話ですが、

ビーチでのBBQパーティー開催された時の話です。

男女数十名の社内コンパみたいなものでした。

 

ビーチ到着時点で体型に自信がある人とない人で行動に差が出ます。

 

「水着になる」

「水着にならない」かです。

 

炎天下のビーチで、みんな水着の中、

男が水着にならないのは、

何か体にコンプレックスがあるのかな?

閉鎖的なイメージを持ってしまいます。

 

初対面だと声をかけづらいこともあります。

「一緒に泳ぎませんか?」

「砂浜で遊びませんか?」

 

服を着ている人には言いづらいですね…

 

誘い文句も仲良くなれるきっかけも見つかりません…

 

イケメンならともかく、女の子から声をかけられることも少ないのではないでしょうか?

 

これはまさに「機会損失」です。

 

水着で遊んでいるグループに加われば、女の子とも仲良くなれてラインの交換も自然にできたかもしれないのに…

 

本当にもったいないです。

 

また、他人から見て

「かっこいい体」

「そうでもないか」

でも分かれます。

 

細マッチョは服を脱ぐだけで注目を集めるので

挨拶や乾杯しにいくだけで、

 

「いいからだしてるね♡」

 

と女の子から話しかけられやすく、

「トレーニングしてるの?」

「スポーツは何が好きなの?」

と話題に尽きません。

f:id:fm13078b409:20180808222902j:image

 

 

全く接点のなかった人から

声をかけられることまであります。

 

一方、そうでもない人は体についての話題にはまずなりません…

女の子と仲良くなるにはトークのセンスが問われるでしょう…

 

女の子は恋するいきもの。

男以上に異性のボディには興味津々です。

 

女の子のストライクゾーンに入れるか

その他大勢になるかは日々のトレーニング次第なのです

 

今すぐ、プールやBBQなどのイベントに参加表明し、

トレーニングから避けられない状況を作り、モチベーションを高めてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

お金も時間も使わなくても女の子からモテる腕は作れる

大胸筋、腹筋と続く

女の子がキュンとする筋肉。

 

そう。上腕二頭筋

 

いわゆる「ちからこぶ」

 

f:id:fm13078b409:20180723084124j:image

 

半裸にならないと

アピールしづらい体の筋肉と違って、

わかりやすく筋肉をアピールできるのが

上腕二頭筋

 

なんといっても、盛り上がった上腕二頭筋

女の子ウケがいい!

 

女の子も触りやすい筋肉なので、

「ヘェ〜!結構筋肉あるんだね♡」

とか言われながら指でツンツンされたいものです。

f:id:fm13078b409:20180723153113j:image

 

 

逆に、筋肉もテンションも

盛り上がらないプヨプヨ腕も目に付きやすいもの…

f:id:fm13078b409:20180723213209j:image

この場合はチヤホヤされない

どころか、鼻で笑われていたり、

恋愛対象外になることもあるでしょう…

 

女の子からモテるためには上腕二頭筋のトレーニング必須なのです。

 

鍛えるためにはダンベルを使用するのが

最も一般的なのですが、

「ジムに通う時間がない」

「費用をかけたくない」

 

そんな人にも必見で社会人なら誰でも持ってる「アレ」でいつでもどこでも上腕二頭筋はトレーニングできてしまうのです!!

 

「アレ」とはズバリ、

ビジネスバッグ!!

f:id:fm13078b409:20180723213746j:image

取っ手が付いていて持ちやすく、サイズに関しても動かしにくい大きさではないため、

 

十分トレーニング効果を期待できます!

 

さらに何と言ってもメリットは

トレーニングの時間と場所を選ばないこと!

 

たとえダンベルを持っていても

職場に持って行く人はおそらくいないため

「自宅」に帰るまではトレーニングできないことでしょう…

 

しかしビジネスバッグならサラリーマンは

基本、いつでもどこでも持ち歩きますし、

電車内や帰宅時に上下に動かしても、

迷惑はかかりません!

 

そして、違う重さのダンベルを何個も買わなくても、重さの調節は

自由自在なので経済的!

 

仕事の資料やらビジネス本やら水筒やら詰め込むと5㎏〜10㎏には簡単にいくもの。

 

最近はコンプライアンスの関係で帰宅時に会社に関わる資料などは持ち帰れない会社も多いですが、要は「ウェイト」になれば何でもいいのです。

 

帰宅時にスーパーなどで買い物した品物をウェイトにしてもいいのです!

 

そんな上腕二頭筋のトレーニング

最も一般的な「ダンベルカール」ならぬ

「ビジネスバッグカール」をお伝えします。

f:id:fm13078b409:20180723215207j:image

1、背筋を伸ばし、足を肩幅ほど広げます。

 

2、バッグを持っている肘の位置を固定し、ゆっくりとバッグを持ち上げます。この時、手首を曲げず、拳を肩に持っていき、上腕二頭筋をぎゅっと縮こませるイメージで行いましょう。

 

3、ゆっくりバッグを下げます。この時、脱力してひじを伸ばし切らないようにしましょう。

 

片腕ごとに10回を3セットずつ行いましょう!

 

僕は実際に会社帰りの帰路で最寄駅から自宅まで、徒歩20分くらいかかったので、

歩きながら鍛えて時間を効率的に使っていました!

 

いつでもどこでもお金がなくても始められる上腕二頭筋のトレーニング。

 

鍛えまくって女の子からチヤホヤされてください!

f:id:fm13078b409:20180723215336j:image

 

 

 

 

Disられてモチベーションを上げる

トレーニングって

めんどくさい…

 

なかなかやる気が出ない…

 

f:id:fm13078b409:20180719235927j:image

 

その気持ちよくわかります。

 

目に見える結果がすぐにでないとやる気もでないもの。

 

サボる日が続くと

理想の身体からどんどん遠のく。

 

とはいえ、仕事から帰ってきて疲れて

モチベーションが上がらない…

 

 

そんなとき、僕はあえてDisられることでモチベーションを上げていました!

 

f:id:fm13078b409:20180719235934j:image

 

Disられてモチベーションを上げるって…

 

そんなMではない!

 

と思うかもしれませんが、

要は腹が立つ言葉をあえて聞き、

怒りをモチベーションにします。

 

「悔しい」という気持ちがやる気になるために一番有効です!

 

僕が学生の頃は

体型でイジられることがよくありました。

 

もちろん、いい思い出ではないですが、

社会人になると自分の体型について

何か言われることはほとんどありません。

 

気持ちは楽になる分、まわりのを気にしなくなり自分に甘えてしまいがちです。

 

家族や友人にあえて腹が立つことを言われることで、「絶対細マッチョになってやる」

モチベーションを維持して下さい!

 

僕は嫌いな奴から「ダサいな笑」

って笑われたときのことを思い出して

その屈辱をモチベーションにつなげていました。

f:id:fm13078b409:20180717223720j:image

 

僕自身、メンタルやモチベーションは弱く、Disられると、すぐ落ち込んでいました。

 

「どうせ僕はデブだ…」

 

しかし、変われるチャンスを手に入れたなら、

 

「デブのまま」

 

でいるかを選ぶのは自分自身です。

 

劣等感や怒りのエネルギーをモチベーションへ繋げて今からトレーニングを始めましょう!